TOP>>東葉線の車両
東京メトロ・05系4・5次車B修車

外観と概要
4・5次車はワイドドア車である。1991年10月16日に営業運転を開始した。川崎重工業の製造で、1991〜1992年に落成。14Fは4次車、15F〜18Fは5次車に分かれる。三鷹〜津田沼・東葉勝田台間で運用される。2012年度より順次改修工事(B修工事)が施工されており、以下は全てB修工事施工車の内容。原形車についてはこちらを参照。B修工事の内容は多岐にわたるが、大きな見た目の変化としては、ラインカラーの色合いが8次車以降と同じものに変更され、先頭車前面に排障器が設置された。前照灯は角型を残置。行き先表示器は種別部がフルカラーLED、行先部が白色LEDに交換された。パンタグラフはシングルアーム式に交換され、05-200形(1基撤去)・05-500形・05-800形(1基撤去)・05-900形(新設)に1基づつ、1編成で4基搭載。なお、14Fは05-200形(1基撤去)・05-300形(新設)・05-800形(1基撤去)・05-900形(新設)に1基づつ、1編成で4基搭載。制御装置はIGBT素子VVVFインバータ制御に交換され、MT比は1編成で4M6T。なお、15F〜18Fは05-300形の電装が解除され、MT比が変更された。また、全編成内で車両の組み換えが行われており、14Fと15F〜18Fでは05-300形と05-500形の連結位置が異なる。先頭車前面の車両番号の位置も変更され、前照灯横に切り抜き文字で記された。車体側面の車両番号は切り抜き文字で残置、社章のプレートも上部にビス止めで残置されている。
編成表
青字は制御車、赤字は電動車、黒字は付随車を示す。
>はパンタグラフ。
←三鷹 津田沼・東葉勝田台→
B修工事施工状況
05
-000
05
-900
05
-700
05
-300
05
-600
05
-500
05
-800
05
-400
05
-200
05
-100
14F 014 914 714 314 614 514 814 414 214 114 2012年度施工
←三鷹 津田沼・東葉勝田台→
05
-000
05
-900
05
-700
05
-500
05
-600
05
-300
05
-800
05
-400
05
-200
05
-100
15F 015 915 715 515 615 315 815 415 215 115 2015年度施工
16F 016 916 716 516 616 316 816 416 216 116 2014年度施工
18F 018 918 718 518 618 318 818 418 218 118 2013年度施工
車内
車内もB修工事で若干の変更がなされている。全体的に温かみのある暖色系は維持されている。床は灰色。化粧板は貫通扉・ドアを含めて白色。つり革は三角形。座席は少なめの2-6-6-6-2人掛けの配置であり、窪みがあるバケットタイプ。座席のモケットはピンク系で、優先席は青色のモケットを使用している。バリアフリーとして、優先席の握り棒は黄色で着色された。また、つり革の高さは、他の座席に比べて低い位置に変更された。ドア間の座席の中央にはスタンションポールがあり、定員着席を推進している。座席端部の仕切りは大型化され、白色の角張った形状。ロールカーテンは引っ掛け式で、水色。ドア間の窓は1枚の下降窓。車端部の窓は1枚の固定窓。全てのドア上部には17インチワイドのLCDが2台づつ設置された。右側のLCDには種別・行き先・号車番号・次の停車駅・乗り換え路線・ドア開方向などの旅客案内、左側には広告が表示される。また、ドアの開閉にあわせて3打音のチャイムが鳴り、同時にLCDの下にある赤いランプが点滅する。05-200形・05-900形には車いすスペースを設置(14Fは新設)している。ドア幅は1800mmのワイドドアだが、乗務員室直後のドア幅のみ1300mmで通常と同じである。
行き先表示
路線名と行き先が交互に表示される。

inserted by FC2 system