TOP>>東葉線トピック
第4回東葉家族車両基地まつり
2012年11月4日、緑が丘車庫にて第4回東葉家族車両基地まつりが開催された。今年は晴天に恵まれ、毎年恒例となったこのイベントに多くの家族連れやファンが訪れた。昨年隋修庫内にて行われた台車抜取装置の実演や、吊り上げ装置の展示は行われなかった。


会場入口
南側の入口(裏門)から入場し、チラシを受け取って構内へ。


「子ども制服撮影」・「車両休憩所」
まず東側の留置線(2番線)には2000系01F。2001の前にて子ども制服撮影が行われた。また、一部車内は車両休憩所として開放された。


「車両床下見学&パンタグラフ動作体験」
ピット内(22番線)には2000系02F。2年ぶりとなる床下見学およびピット中ほどではパンタグラフ動作体験も行われた。


貫通扉の開放と非常用梯子
2002の貫通扉を開放し、非常用梯子を掛けた状態で展示された。一般公開では今回が初めての光景。


LED式案内表示器
2000系02Fは通路として一部車内が解放された。ドア上のLEDはテストモードの表示。


ドア開方向の案内表示器
こちらもテストモードで両方の案内が点灯。


座席
一部の座席は座面が取り外された状態で展示された。


ドアエンジン
一部のドアでは上部の点検カバーを開けた状態で展示された。


「車掌体験」
西側の留置線(3番線)には2000系08F。反対側の2108で車掌体験が行われた。なお、今年は車両洗浄線体験は行われなかった。


「車両展示」
そしてメインイベントである車両展示。今回は初めて豪勢にも4本が並んだ。まず右から05系15F(5番線)、15000系55F(6番線)。


「車両展示」
続けて05系35F(7番線)と2000系11F(8番線)。


行先タイムテーブル
車両展示の4本の行先表示は、今回初めてあらかじめ時間ごとに運用番号を含めて内容が決められた。


「保守用車両展示&技術関係展示」
ピット前の留置線ではモーターカーが展示された。奥のモーターカーの展示は2年ぶりで、塗装が変更されていた。また、隋修庫前(33番線)では保線用モーターカーの試乗も行われた。


「東葉高速鉄道及び鉄道各社グッズ販売」
先月から発売された卓上カレンダーをはじめ、駅では発売していないグッズや過去の記念乗車券、さらには駅時刻表などが発売された。また、2年ぶりに部品販売も行われた。

inserted by FC2 system