TOP>>東葉線の車両
JR東日本・301系

外観と概要
地下鉄東西線との相互直通運転開始とともにデビューした、国鉄初の地下鉄直通用かつアルミ車体の車両。1966年10月1日に営業運転を開始し、2003年6月10日にミツK2編成を最後に定期運用から引退。その後、同年8月3日に改ミツK4編成でさよなら運転が行われ、営業運転から引退した。川崎車輛、日本車輛製造の製造で、1966年〜1969年に落成。三鷹〜津田沼間で運用された。なお、東葉線への乗り入れには対応していない。外観は国鉄標準通勤型電車(103系)に類しているが、アルミ車体と前面の貫通扉が特徴。所属は八王子支社三鷹電車区(八ミツ)。前照灯は丸型で窓下に振り分けた。行き先表示器は字幕で、車体側面にはない。運行番号表示器は当初は字幕だったが、晩年はLEDに交換された。パンタグラフはモハ301形に1基づつで、1編成で4基搭載。制御装置は抵抗制御で、MT比は1編成で8M2T。車体側面には車両番号と社章が直接記されている。Hゴムは黒色、側窓は外枠に角のある「ユニット窓」。ミツK1編成・K2編成は10両化に伴って、編成中間に先頭車両を封じ込め、運転台の撤去や前面窓を車外を灰色に、車内を深緑色に塗って塞ぐなどして使用していた。
末期編成表
青字は制御車、桃字は制御電動車、赤字は電動車、黒字は付随車を示す。
◇はパンタグラフ。
←三鷹 津田沼→
[300 301 300 301 301 300 301 300 301 301] 廃車回送日
ミツK1編成 5 15 2 2 1 1 3 1 1 5 2002年12月4日(大宮)
ミツK2編成 4 12 6 8 3 3 9 5 7 4 2003年6月24日(大宮)
[300 301 300 301 301 300 301 300 301 301]
ミツK3編成 7 21 7 10 102 8 11 13 19 7 2003年5月27日(大宮)
ミツK4編成 8 24 14 20 101 16 23 15 22 8 M'c8・M24:2003年5月1日(大宮)、残り再編成↓
改ミツK4編成 2 6 14 20 101 16 23 15 22 8 さよなら運転編成、2003年8月6日(大宮)
ミツK5編成 2 6 12 17 103 4 5 10 14 2 M'12〜Tc2:2003年5月1日(大宮)、残り再編成↑
車内
車内も国鉄標準通勤電車(103系)に類している。103系でも見られる更新工事を全車に施工し、全体的に温かみのある車内になった。床は暖色系。化粧板は白色。貫通扉・ドアは無塗装。つり革は三角形。座席は3-7-7-7-3人掛けの配置。座席のモケットは青系で、優先席は赤系のモケットを使用している。ロールカーテンはグレー系。窓は2段式の上段下降・下段固定窓。ドアは103系と異なり、金属押さえ式。

inserted by FC2 system