TOP>>東葉線の車両
JR東日本・103系1200番台

外観と概要
国鉄標準通勤型電車である103系シリーズの地下鉄東西線直通用車両。同じく地下鉄東西線直通用車両の301系は製造コストが高価であったため、これに代わって製造された。1971年4月20日に営業運転を開始し、2003年5月30日にミツK8編成を最後に営業運転から引退した。東急車輛製造、日本車輛製造、川崎重工業の製造で、1970〜1978年に落成。三鷹〜津田沼間で運用された。なお、東葉線への乗り入れには対応していない。外観は前面の貫通扉が特徴で、301系と類似している。所属は八王子支社三鷹電車区(八ミツ)。前照灯は丸型で上部2灯。行き先表示器は字幕。運行番号表示器はデビュー当初は字幕だったが、晩年はLEDに交換された。パンタグラフはモハ103形に1基づつで、1編成で4基(ミツK9編成は2基)搭載。制御装置は抵抗制御で、MT比は1編成で8M2T(ミツK9編成は4M1T)。車体側面には車両番号と社章が直接記されている。製造時期や更新工事の時期により細かな差異が多数ある。Hゴムは白色と黒色が混在、側窓の外枠が丸みのある「非ユニット窓」と角のある「ユニット窓」も混在していた。ミツK8編成はもともと常磐線で活躍していた1000番台。1989年に地下鉄東西線直通用として転属し、必要な改造がなされた。ミツK9編成は5両編成の予備車。他編成や301系の検査時(5両づつ検査)の代車として、残った5両に連結して使用された。そのため唯一、クモハ102-1023に貫通幌を、クハ103-1203に貫通幌受けを装備していた。
末期編成表
青字は制御車、桃字は制御電動車、赤字は電動車、黒字は付随車を示す。
◇はパンタグラフ。
細字は未更新車、太字は更新工事施工車。
下線なしはユニット窓、下線ありは非ユニット窓。
←三鷹 津田沼→ 廃車回送日
[102 103 102 103 103 102 103 102 103 103]
ミツK6編成 1204 1212 1210 1214 430 1207 1210 1208 1211 1204 M'c1204〜T430:2003年2月3日(大船)、残り:2003年5月2日(桐生)
ミツK7編成 1205 1215 1209 1213 429 1205 1207 1202 1202 1205 M'1202・M1202:2003年5月19日(大船)、残り:2003年5月20日(大宮)
[103 102 103 102 103 102 103 102 103 103]
ミツK8編成 1010 1036 1036 1034 1034 1033 1033 1032 1032 1009 2003年6月3日(大宮)
[102 103 102 103 103]
ミツK9編成 1203 1209 1206 1208 1203 予備車、2003年7月29日(大宮)
車内
車内も103系シリーズに類している。未更新車は床が灰色、化粧板は貫通扉を含めて若草色で、ドアは無塗装。つり革は丸形とおにぎり形が混在している。更新工事施工車は、全体的に温かみのある車内になった。床は暖色系。化粧板は白色。貫通扉・ドアは無塗装。つり革は三角形。さらに、座席端部には白色の仕切り板が付いている。座席は3-7-7-7-3人掛けの配置。座席のモケットは青系で、優先席は赤系のモケットを使用している。ロールカーテンはグレー系。ドアはHゴム押さえ式と金属押さえ式が混在している。

写真はほぼ同様の車内の、常磐線・武蔵野線のもの
行き先表示

inserted by FC2 system