TOP>>東葉線の車両
東京メトロ・07系

外観と概要
もともとは01系に続くシリーズの有楽町線用車両。同じ時期に製造された05系6・7次車や06系に類している。2006年〜2007年、有楽町線10000系投入により、03F〜06Fの2次車4編成が東西線に転属。さらに2009年、1次車の01F・02Fが転属した。転属にあたっては必要な改造がなされた。2006年11月8日に東西線での営業運転を開始し、老朽化した5000系を置き換えた。1次車が川崎重工業、2次車が日本車両製造の製造で、1992年〜1994年に落成。三鷹〜津田沼・東葉勝田台間で運用される。前照灯は丸型。行き先表示器はLED。パンタグラフは07-200形・07-400形・07-700形・07-900形に1基づつ、1編成で4基搭載。制御装置はIGBT素子VVVFインバータ制御で、MT比は1編成で4M6T。車体側面には車番表記が切り抜き文字で記され、社章のプレートが上部にビス止めされている。
編成表
青字は制御車、赤字は電動車、黒字は付随車を示す。
◇はパンタグラフ。
←三鷹 津田沼・東葉勝田台→
07
-000
07
-900
07
-300
07
-700
07
-600
07
-500
07
-400
07
-800
07
-200
07
-100
71F 001 901 301 701 601 501 401 801 201 101
72F 002 902 302 702 602 502 402 802 202 102
73F 003 903 303 703 603 503 403 803 203 103
74F 004 904 304 704 604 504 404 804 204 104
75F 005 905 305 705 605 505 405 805 205 105
76F 006 906 306 706 606 506 406 806 206 106
車内
車内も05系6・7次車や06系に類しており、全体的に温かみのある暖色系でまとめられている。原形車の床はベージュ系、改修工事施工車の床は灰色。両車とも化粧板は貫通扉・ドアを含めて白色。つり革は三角形。座席は変則的な4-6-7-6-4人掛けの配置であり、窪みがあるバケットタイプ。座席のモケットはピンク系または赤系で、優先席は青色のモケットを使用している。なお、座席端部の肘掛にもモケットが巻かれている。ドア間の座席の中央にはスタンションポールを設置した車両もあり、定員着席を推進している。ロールカーテンはフリーストップ式で、水色。6人掛け座席の窓は1枚の下降窓。その他の窓は1枚の固定窓。全てのドア上部にはLED式案内表示器が設置されている。また、ドアの開閉にあわせて2打音のチャイムが鳴る。07-200形・07-900形には車いすスペースを設置している。
行き先表示

inserted by FC2 system