TOP>>東葉線の車両
東京メトロ・05系6・7次車

外観と概要
同じ時期に製造された06系、07系に類している。1993年に営業運転を開始した。19F〜21Fが日本車両製造、22F〜24Fが近畿車輛の製造で、1993〜1994年に落成。19F〜21Fは6次車、22F〜24Fは7次車に分かれる。三鷹〜津田沼・東葉勝田台間で運用される。前照灯は角型。行き先表示器はLED。パンタグラフは05-200形・05-400形・05-700形・05-900形に1基づつ、1編成で4基搭載。制御装置はIGBT素子VVVFインバータ制御で、MT比は1編成で4M6T。車体側面には車両番号が切り抜き文字で記され、社章のプレートが上部にビス止めされている。24Fはアルミリサイクルカーで、それを示すロゴがシールで貼り付けされている。
編成表
青字は制御車、赤字は電動車、黒字は付随車を示す。
◇はパンタグラフ。
←三鷹 津田沼・東葉勝田台→
05
-000
05
-900
05
-800
05
-700
05
-600
05
-500
05
-400
05
-300
05
-200
05
-100
19F 019 919 819 719 619 519 419 319 219 119
20F 020 920 820 720 620 520 420 320 220 120
21F 021 921 821 721 621 521 421 321 221 121
22F 022 922 822 722 622 522 422 322 222 122
23F 023 923 823 723 623 523 423 323 223 123
24F 024 924 824 724 624 524 424 324 224 124
車内
車内も06系、07系に類しており、全体的に温かみのある暖色系でまとめられている。原形車の床は青系とクリーム系の2色、改修工事施工車の床は灰色。両車とも化粧板は貫通扉・ドアを含めて白色。つり革は三角形。座席は変則的な4-6-7-6-4人掛けの配置であり、窪みがあるバケットタイプ。座席のモケットはピンク系で、優先席は青色のモケットを使用している。なお、座席端部の肘掛にもモケットが巻かれている。ドア間の座席の中央にはスタンションポールを設置した車両もあり、定員着席を推進している。ロールカーテンはフリーストップ式で、水色。6人掛け座席の窓は1枚の下降窓。その他の窓は1枚の固定窓。全てのドア上部にはLED式案内表示器が設置されている。また、ドアの開閉にあわせて2打音のチャイムが鳴る。05-200形・05-900形には車いすスペースを設置している。
行き先表示

inserted by FC2 system