TOP>>東葉線について
About Toyo-Line
1996年4月27日に開業。千葉県船橋市の西船橋駅から同県八千代市の東葉勝田台駅までの16.2kmを結ぶ。両市は東葉高速線開業前から宅地開発が進んでいたが、都心への交通は京成線やJR総武線などに限られていた。鉄道路線から離れた地域では、都心まではバスと鉄道の乗り換えを要し、多くの時間がかかっていた。東葉高速線はこれを改善する新たな鉄道路線として、待ち望まれて開業した。ほぼすべての列車が東京メトロ東西線と相互直通運転されており、利便が図られている。路線上には、西船橋駅(JR総武線・JR武蔵野線・JR京葉線・東京メトロ東西線)、北習志野駅(新京成線)、東葉勝田台駅(京成線)と3つの乗換駅がある。沿線には住宅や商業施設などが多く立地し、発展を続けている。

事業者 東葉高速鉄道株式会社
路線名 東葉高速線 (当サイトでは主に東葉線と表記)
営業キロ 16.2km
駅数 9駅 (西船橋駅は東京メトロが管理)
駅ナンバリング TR01(西船橋駅)〜TR09(東葉勝田台駅)
軌間 1067mm
電圧 直流1500V


About Tozai-Line
1964年12月23日に高田馬場駅〜九段下駅間が開業。その後順次延伸され、1969年3月29日に全線開業。2004年3月31日までは帝都高速度交通営団が運営してきたが、同年4月1日に民営化され、現在に至る。路線名のとおり、東京都中野区の中野駅から千葉県船橋市の西船橋駅までの東西30.8kmを結ぶ。東葉高速線のほか、JR総武線(西船橋駅〜津田沼駅間、平日朝夕のみ)・JR中央線(中野駅〜三鷹駅間)とも相互直通運転が行われ、利便が図られている。路線上には乗換駅も多い。

事業者 東京地下鉄株式会社
路線名 東京メトロ東西線 (当サイトでは主に東西線と表記)
営業キロ 30.8km
駅数 23駅 (中野駅はJR東日本が管理)
駅ナンバリング T01(中野駅)〜T23(西船橋駅)
軌間 1067mm
電圧 直流1500V


Routemap & Stops Infomation


Woman Only Car
平日において、東葉勝田台6:35〜8:32発の列車の先頭10号車は、東西線大手町まで女性専用車となる。なお、東西線内では9:00をもって終了となる。
西船橋[
10・・・・・・・・・]東葉勝田台



Fare
運賃は下表のとおり。なお、営業キロは1km未満の端数を切り上げる。12歳以上(中学生以上)を「大人」とし、6歳以上12歳未満(小学生)の「小児」は大人運賃の半額。ただし折半した端数は、きっぷ利用の場合は10円未満の端数を切り上げ、ICカード利用の場合は小数点以下を切り捨てる。1歳以上6歳未満(未就学児)の「幼児」は、乗車券を持つ旅客1人につき、幼児2人まで無賃。3人目以降や幼児単独では小児運賃が必要。1歳未満の「乳児」は無賃。

営業キロ
単位:km
きっぷ利用 大人(小児
単位:円
ICカード利用 大人(小児
単位:円
1〜3 210(110 206(103
4〜5 290(150 288(144
6〜7 360(180 360(180
8〜9 440(220 432(216
10〜11 510(260 504(252
12〜14 570(290 565(282
15〜17 630(320 627(313

東海神と原木中山・妙典・行徳の相互発着は大人20円、小児10円割引。

Tickets

普通乗車券

いわゆる「普通のきっぷ」。東葉線内のみを乗車する際の乗車券。主に東葉線内各駅の自動券売機で発売される。

連絡普通乗車券
 
東葉線内から連絡運輸を行う他社線へまたがって乗車する際の乗車券。こちらも主に東葉線内各駅の自動券売機で発売される。画像左は私鉄線への連絡乗車券。画像右はJR線への連絡乗車券。

回数乗車券
 
東葉線内のみを乗車する際の回数券。発売日から3か月間有効。発売額は片道運賃の10倍で、以下の2種類がある。
普通回数券 11枚綴り。いつでも使用できる。
昼間・土休日割引回数券 13枚綴り。平日の10〜16時と、土休日の終日のみ使用できる。
他社線へまたがる回数券はない。主に東葉線内各駅の自動券売機で発売される。画像左は普通回数券。画像右は昼間・土休日割引回数券。


定期乗車券・連絡定期乗車券
 
東葉線内のみ及び東葉線内から連絡運輸を扱う他社線へまたがって乗車する際の定期券。以下の2種類がある。
通勤定期券 誰でも購入できる。有効期間は1か月・3か月・6か月がある。
通学定期券 「指定学校」へ通学する児童・生徒・学生のみが購入できる。新規購入には「通学証明書」か「通学定期券購入控付学生証(生徒証)」が必要。購入できる区間は自宅最寄り駅〜学校最寄り駅間に限られる。有効期間は1か月・3か月・6か月・学期(東葉線内のみ、1か月・3か月・6か月を基本として最大90日延長)がある。
どちらも新規および継続購入は使用開始日の14日前から。磁気定期券とPASMO定期券が選べる。東葉線内の定期券うりば(北習志野・東葉勝田台)や西船橋駅みどりの窓口(西船橋発着またはJR線との連絡定期券のみ、PASMO定期券不可、通学定期券の学期不可)、自動定期券発売機(飯山満・北習志野・八千代緑が丘・八千代中央・東葉勝田台)で発売される。なお、通学定期券の新規購入は定期券うりばと西船橋駅みどりの窓口のみ。画像左は定期券うりば・自動定期券発売機発行の磁気通学定期券。画像右は西船橋駅みどりの窓口発行の磁気通学定期券。

定期券購入済乗車証

東葉線内の定期券うりばのない駅から、定期券うりばのある駅(北習志野・東葉勝田台)まで、定期券購入や払いもどしのために乗車する場合、以下の取り扱いが出来る。
行きは乗車券を購入し、乗車駅の有人改札で定期券購入印を受けて入場する。
下車駅では、有人改札で乗車券を見せて出場する。
定期券うりばで定期券購入や払いもどしの際、行きの乗車券を渡すと運賃が払いもどしされる。
帰りは当日から定期券が使用できる場合を除き、請求すれば定期券購入済乗車証(軟券)が発行される。


普通入場券
  
列車に乗車する以外の目的で、東葉線内各駅の改札内に入場する場合に必要となる入場券。大人210円(西船橋は140円)、小児110円(西船橋は70円)。東葉線内各駅の有人改札で発売される。画像左は大人用入場券(硬券)。画像中は小児用入場券(硬券)。画像右は以前発売していた入場券(軟券)。

東葉東京メトロパス
東葉線内各駅(西船橋を除く)から西船橋までの往復と、東京メトロ線全線の一日乗車券がセットになった特別企画乗車券。主に東葉線内各駅(西船橋を除く)の自動券売機で発売される。

東葉シネマチケット
東葉線内各駅(西船橋・八千代緑が丘を除く)から八千代緑が丘までの往復と、TOHOシネマズ八千代緑が丘の映画鑑賞引換券がセットになった特別企画乗車券。有効期間は購入日から1か月(期間内1回限り有効)。東葉線内各駅(西船橋・八千代緑が丘を除く)の有人改札で発売される。

東葉羽田バスきっぷ
東葉線内各駅(西船橋を除く)から西船橋までと、西船橋から羽田空港までの高速バス(京成バス・京急バス)がセットになった特別企画乗車券。片道と往復があり、有効期間は購入日から1か月(期間内1回限り有効)。東葉線内各駅(西船橋を除く)の有人改札で発売される。

精算券

東葉線内各駅の自動精算機で精算をした際、自動改札機を通るために発行される精算券。

一日乗車券(期間限定発売)

東葉線全線の一日乗車券タイプの特別企画乗車券。大型休暇などに期間限定で発売されることがある。発売される際には、事前に駅のポスターなどで告知され、東葉線内各駅(西船橋を除く)の有人改札で発売される。画像は2006年に発売された「開業10周年記念JOYきっぷ」。

特別乗車証(非売品)

東葉線全線の一日乗車券タイプの特別乗車証。画像は2004年にとある画展の参加賞として贈呈された「特別乗車証」。

Cards
東葉線ではPASMOを発売している。そのほか、SuicaKitacaTOICAmanacaICOCAPiTaPaSUGOCAnimocaはやかけんも使用できる。

PASMO

PASMO又はSuica・Kitaca・TOICA・manaca・ICOCA・PiTaPa・SUGOCA・nimoca・はやかけんに加盟している全国のJR・私鉄・バス各社線などで使用できる共通非接触型ICカード。株式会社パスモの発行で、無記名PASMO(大人のみ)と記名PASMO(大人・小児)がある。発売額はデポジット(カード預り金500円、カード返却の際に払いもどし)込みの1,000〜5,000円・10,000円で、主に東葉線内各駅の自動券売機や有人改札で発売される。なお、小児用記名PASMOの発売は有人改札のみで、購入には「ご本人確認書類(健康保険証など)」が必要。チャージは10円単位で可能(残額20,000円に達するまで何度でも可能)で、自動券売機やチャージ機、自動精算機などで行える。記名PASMOには、定期券(通勤・通学、東葉線内・他社線連絡とも可)を載せることが出来る。有効期限はない。自動改札機にはタッチ、自動券売機やチャージ機、自動精算機には投入して使用できる。株式会社パスモが発行するため、表面の定期券の印字を除き、カードのデザインはPASMO加盟各社共通。画像はPASMO通学定期券。
>>詳細は
株式会社パスモ

パスネット

パスネットに加盟している関東私鉄各社線で使用できた共通ストアードフェアカード。発売額は1,000円・3,000円・5,000円で、小児用はない。自動改札機や自動券売機、自動精算機に投入して使用できた。東葉線内各駅の自動券売機や有人改札において様々なデザインのカードが発売されたが、2008年1月10日終電をもって発売を終了した。また、同年3月14日終電をもって自動改札機での使用を終了した。そして、2015年3月31日終電をもって全ての機器での使用を終了した。
>>詳細は
東葉高速鉄道株式会社

inserted by FC2 system